東京大学文学部学士入学 合格者の声

いざ志望校に合格してみて、昴のありがたみを改めて痛感しています。大人になると、手放しで人に応援してもらう体験自体が貴重です。昴での学習で、その貴重な体験をする機会に恵まれました。

私が昴に通うことを決めたのは、社会人として移動の多い不規則な生活を送っている中で「合格ラインを超える」実力をつけるには、受験対策の方法論で試行錯誤する時間はないだろう、という認識からでした。限られた時間の中でアプローチを誤った場合、軌道修正に時間を取られることが致命的な判断ミスになるだろうと考え、適切な方法論を採用するため昴に指導を仰ぎました。

具体的な勉強法は以下の通りです。

1.フランス語

春学期から中島先生に基礎・構文・読解の3クラスに通い始めました。講座に出席できないことも多々あり、授業のペースをつかむのが大変でした。それでも中島先生の授業のおかげで「楽しく学ぶ」ことができました。中島先生は質問に行くたびに激励してくださり、学習のモチベーションを鼓舞してくださいました。「過去問の傾向からみて必要となる仏文和訳の訳文をまずは作れるようになる」ことを目指して、以下の取組をしました。

(1)欠席回数が多い中で講座受講する際の留意点:

・欠席時の講座資料を漏れなく集めておくこと

・中島先生ご推薦の文法書を使って文法をざっくり思い出すこと(または4月春期集中特別公開講座を受講すること)

・とはいえ自力での文法復習にはある程度で見切りをつけて授業素材の復習の中で詳細を思い出すこと

・フランス語対応の電子辞書を用意しておくこと

・先生方にお願いして欠席日の資料を別日に受領できるよう手配していただき、受領タイムラグを授業日から数日のレンジに収めながら自習する形式で、講座の進行にできるだけ合わせること、できる限り予習もすること

(2)基礎・読解の予習復習手順:

・単語を自力で電子辞書を使って調べる

・ノートに和訳を作る(本格的な仏文和訳をするのが初めてなので、試験本番の手書きに慣れておくため)

・レジュメで論点を確認し訳例と照合する

・目で文章を追いながら訳出を(書かずに)脳内で再現してみて、文章を通しで訳せるようになるまで繰り返す(手作業がない部分なので、これは移動時間などを利用)

・欠席時の確認テストを解いて先生に採点をお願いし、理解上の盲点を把握する

*中島先生ご推奨の手順として「文章音読」「授業で扱った単語で単語リストを作成し書いて覚える」「音声教材を使う」などの身体を使った総合的な基礎訓練法をご紹介いただいていましたが、時間的な制約で手が回りませんでした。

(3)構文の復習手順:

・例文の単語や成句を調べる(授業のノートがあればそれを読む)

・例文を見ながら中島先生ご推奨の和訳を(書かずに)脳内再現できるようにする

・欠席時の確認テストを解いて先生に採点をお願いし、理解上の盲点を把握する

(4)過去問について:

・初見の文章を大目に解きながら定着度を確認し、何を強化すべきか自己評価する

・講座で取扱いのなかった分の問題の解説を、オーダーメイドで中島先生にお願いする

*私の場合はずっと授業の進度から遅れていたので、まずは授業に追いつくことをめざし、追いついたところで初めて過去問を解きました。結果、「問題処理速度が足りない」ことに気づき、本番の試験時間内での完答を目指して以下の過程を加えました。

(5)単語・成句の強化:

・仏検対応の単語集(2冊)・成句集(1冊)を使い、例文が黙読で和訳できるように目で追う(書かない)

*直前期の年末年始のタイミングで3冊分を一巡させました。反復したかったですが、時間切れになってしまいました。

*手で書いて覚える作業もしたかったですが、時間がありませんでした。そのため、「スペリングがよく似た単語」の識別で最後まで苦労しました。

(6)試験本番でやったこと:

・分からない単語は接頭辞や接尾辞を分解して意味を推測する

・文意が取れなかったらそれらしき英語に置換してから和訳してみる

・前後関係から文意にあたりをつけておき、意味を直感で召喚する(最後の手段)

 

2.英語

元々得意科目ではありましたが、かといって準備不足になることも避けたかったため、高橋先生に適宜ご相談して、他教科との学習量バランスを最適化できるよう努めました。英語の学習にあたっては「大学受験後に学んだ翻訳の方法論をリセットする」「英文解釈の定石を思い出す」ということを心がけ、以下のことをしました。

(1)過去問を解く:

*過去問を入手し、全訳を作りました。出題される英文のレベルや分野、出典などを知るうえでは有効でした。一方で、訳例が手元になかったので、盲点のチェックなどが細かくできず、できれば訳例を入手して照らし合わせた方がよかったと思いました。

(2)『詳解 大学院への英語』(昴教育研究所 高橋勢史 著)を利用する:

*昴の講座には時間的に通えないものと悲観していたので、せめてもの自習教材を確保できたらと思い発売直後のタイミングで購入しました。

*本書の構成は、昴の「英語 構文講座」およそ15~20回分相当の構文解析問題40題、「英語 院試問題演習講座」およそ4回分相当の徹底演習編8題からなっています。本書を使いこなせた場合には、昴の単科授業料換算で11万円強~14万円相当、本書の定価(2400円)との比では48倍~58倍の価値を引き出せるものと思い、じっくり取り組みました。

*具体的な本書活用法は以下の通りです

・全訳をノートに作り、訳例と照合して英文解釈的な和訳の方法論を思い出す

・【多義語、文法項目、成句】を確認する

・ひっかかったところを目で確認して脳内で訳出を再現する

*多義語と成句の抽出は独学が難しい部分で、優れた指導者(高橋先生)に教わること、それによって多義語や成句の抽出・訳出の感覚を育てながら自分でもいわゆる「よい辞書」(有料のオンライン辞書や高スペックモデルの電子辞書)を使って単語をマメに引くことが有効であると思います。

(3)構文・読解・院試演習講座を受講する:

直前の冬期5回分だけ参加することができました。構文・読解は時間節約のためワードで予習の訳文を作成し講義をよく聴くようにし、演習は復習で教材を読み返すにとどめました。音読は手が回りませんでした。

演習講座は、①時間配分の練習になり②返却答案から英文和訳の加点減点の要所を認識し③自分が他教科にどれだけ直前期の時間をさけるか判断する根拠となり④本来ならば時間のかかる訳例と自分の訳文との照合作業について人の手を借りることで時短できる、という点で有用でした。

演習ではコンスタントに高得点を出せていましたが、却って復習の仕方が分からず、単語や成句や文法事項をさらに手当てしたほうがよいのか悩んでいました。高橋先生にご相談したところ「英語はこれ以上やらずに第二外国語を全力でやるように」という助言をいただき、思い切ってそちらに注力することができました。自分一人の学習ではそのような思い切った決断は不可能であったと思います。

 

3.小論文

以下の取組をしました。

・高橋先生の講義動画を視聴する

・昴の論述対策講座を利用する

・返却答案をワードでリライトする

・高橋先生が推奨されたり言及されたりした参考文献をできるだけ読む

*合格ラインを超えるようになってからも時間内に書ききるのに苦労していたので、直前期まで受講して処理速度の向上を図りました。

*高橋先生が作成してくださった想定問題は実際の過去問よりも難度が高く、論述での伸び悩みを感じることになりましたが、本番の問題を見たときに「想定問題を解いておいてよかった」と思いました。

*参考図書を読むことは、元々人文学分野を専攻していなかった自分にとって「人文学的な世界観」に触れる貴重な機会となりました。

*他教科とのバランスの中で「合格ライン超えを目指す」タイプの守りの学習になってしまいましたが、その配分を変更の上、高橋先生のご指導があれば、卓越した論文力をつけることも可能な講座であると感じました。

 

4.専門科目

以下の取組をしました。

・基本書を読む

・過去問を解いてワードで解答例を作成し適宜アップデートする

*専攻分野の先生方が書かれた基本書からキーワードを抜き出し、それらの論理関係や歴史など概略を理解し、専攻分野の世界観や共通認識を正確に構築するよう努めました。

 

5.面接試験

高橋先生との面談で、想定される質問や留意点などを洗い出していただきました。「厳しい質問をされるときは、面接官が受験者をある意味研究者として対等に見て接しているということ」という高橋先生のアドバイスのお蔭で、口述試験の質問に答えきることができました。

 

【最後に】

廣田先生、高橋先生、中島先生の的確かつあたたかなご指導と激励のお蔭で直前まであきらめずに勉強を続けることができました。なかなか学習のペースがつかめない中、繁忙期でも学習が進んでいなくても昴にできるだけ通うことで、学習の方向性を誤らずに済みました。受講生の個別の学習状況を的確に見極め寄り添ってくださった昴の先生方に感謝申し上げます。また、クラスメイトの皆さんにも大変助けていただきました。できるものなら楽しく学べる昴の授業にもっと出席したかったです。ありがとうございました!

※ 送られてきた原稿を一字一句変えず、そのまま掲載しています。
※ こちらもご参照ください。東大・学士編入合格者の他の合格体験記です。

東京大学 文学部(学士編入試験)合格 2

東京大学 文学部(学士編入試験)合格 3

東京大学 文学部(学士編入試験)合格 4

「合格者の声」一覧へ

東京大学文学部学士入学合格体験記

<合格体験記>

今年の春、私は東京大学文学部に学士入学しました。学問はもちろん一人でもできます。しかし、優れた師に恵まれ、様々な興味を持つ仲間達と意見を交わしながら学んでいくことができる今の環境は本当に恵まれていて一人で学んでいた時には想像もしなかったほど幅広い刺激を得て、考えを深められることに幸せを感じています。

今年、この環境に身を置くことができたのは昴でご指導いただいたことが本当に大きいです。

学士試験を受けてみようと思い立った最初は独学で英仏の問題を解いたり、過去問の論文を書いてみたりしていました。しかし、大学時代と専攻を変えたこともあって、自分でやっている内容に自信がもてませんでした。

このままでは合格はほど遠いと感じた私は、インターネットで昴の存在を知り、さっそく面談に臨みました。廣田鉄斎先生は、まとまりきれていない私の学問への思いをじっくり聞いてくださり、親身に助言してくださいました。廣田先生の話を伺って思考が整理された私は、ここで学ぼうと決意し、フランス語は中島万紀子先生、論文と英語は高橋勢史先生にお世話になりました。

中島先生のフランス語の授業は1分1秒たりとも気が抜けないくらい濃い授業でした。様々な学校の過去問、文学作品の一節、ときにはFacebookに載ったばかりの文章まで興味深い内容が並び、それぞれにひそむ文法項目、重要熟語、単語が明快に解き明かされていきます。目からウロコが何枚落ちたか数え切れません。

受験の前には中島先生の授業のノートを繰り返し読むのが一番効果的な勉強法だと感じました。初めてのフランス語の文章でも「読める!わかる!」と思えるようになったのはひとえに中島先生のおかげです。ユーモアたっぷりで、重要なところは何度でも繰り返して言ってくださる中島先生の楽しい授業は本当にオススメです。

高橋先生の論文の授業では、受講生の志望大学や学科の問題を用意してもらえるので、クラスの授業でありながら一人ひとりにとって最適な練習ができると思いました。解説の時には他分野のことも聞くことになりますが、それがまた視野を広げるために有用な時間であったと感じています

高橋先生に教えていただくようになってから、感覚で書いていた小論文をきちんと見通しをもって書くことができるようになりました。

また、英語の授業では訳を作る時にどういう点が重要でどういうところで減点されてしまうのかがわかりやすく示され、受験する際に大変役に立ちました。

高橋先生は、最近の学士や大学院入試についてや、それぞれの大学の特徴などにも詳しく、進路の面でも度々相談させていただけたことが合格に直結しました

大学を卒業してから四半世紀以上が経過していましたが、楽しく厳しいご指導のおかげで無事二回目の大学生活のスタートを切ることができました。

学士・大学院入試を知り尽くし、学問への思いを汲んで親身に指導してくださる昴の先生方に心から感謝しています。

※送られてきた原稿を一字一句変えず、そのまま掲載しています。

※東大・学士入試の他の合格者の方の体験記です。あわせてご覧ください。

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 1

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 3

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 4

「合格者の声」一覧へ

東京大学文学部(学士入学)合格者の声

2016年、東京大学文学部(学士入学)に合格された、昴の受講生Nさんからのメールの一部を紹介します。

j0360

フランス語は、中島先生の読解の授業で用意された過去問を繰り返し確認したことで知識が定着しましたし、英語と論述は、高橋先生に過去問をみていただいたことが自信につながりました。正直なところ、訳文や文章の論理展開など、入試の直前で不安な中、高橋先生に褒めていただけたのがとても救われるような思いでした。本当にありがとうございました。 専門を変えてまた学部3年からということで、新しい気持ちでまたやっていこうと思います。これからも機会がありましたらよろしくお願いいたします。

東京大学文学部(学士入学)合格者の声、二人目。

東京大学文学部(学士入学)に合格されたSさんからのメッセージをそのまま掲載いたします。

諸先生方、

お陰様で合格することができました。ありがとうございます。

特に英語、論文指導の高橋先生。基本的な文法解説がとても丁寧なのに、授業で読む英文がハイレベルで、市販の問題集にはない知的興奮を味わえ、昴で勉強することの意義を感じていました。そして英語でも論文でも細かい採点基準でチェックをし、必ず嬉しいコメントをくださることが毎回の励みになりました。

そしてフランス語の中島先生。その軽快なトークときれいな発音、あふれ出る知性に初回の授業から大ファンになり、独学では辛かったフランス語に通うのが毎回楽しみになりました。院試の大ベテランで、狙われるところを確実に教えてくださるのはもちろん、いろいろな雑談の中で聞いていたフレーズや単語が自然と頭に残り、とにかく先生を信じて授業のプリントを暗記するほど何度もやったことが、合格への一番の近道だったと思います。

勉学という意味だけでなく、先生方の授業でのあり方から学ぶことも多くありました。この出会いと、これからの長い道のりの一歩を「昴教育研究所」から踏み出せたことに感謝いたします。

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 1

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 2

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 4

「合格者の声」一覧へ

東京大学文学部(学士入学)合格者の声

東京大学文学部(学士入学)に合格された、昴の受講生Mさんからのメールの一部を紹介します。
「なかなか他人に小論文の草稿を読んでもらうという機会のなかった私にとって、昴なくして合格はできなかったように思います。英語の授業も体系的で採点が詳しく、さらには採点者側の意図までも知ることができたのがとてもためになりました。 また、入手の難しい学士入試についての情報が豊富であるのも、昴の魅力です。浪人の許されない試験だからこそ、昴は非常に助けになりました」

※ 東大・学士入試の他の合格者の方の体験記です。あわせてご覧ください。

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 1

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 2

東京大学 文学部(学士編入試験)合格体験記 3

「合格者の声」一覧へ